スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私とマンハッタンは世界中に花束を供給しなければならない 

私とマンハッタンは世界中に花束を供給しなければならない

 ようやく部署移動。どうしようもない人の相手からようやく開放。頭が悪くなる以上に、相手をしていると感性や世界観が狂う人だった。脳みそ空にしなきゃ対応不能。これから矯正していくのが大変だよ。この半年で身についた応答で接するとおかしな(俺が最も軽蔑を感じるおかしさ)奴だと思われること間違いない。コミュニケーションなし期間が長かったから、これが普通なのかと適応しかけちまったけど、やっぱりおかしかったんだよ。頭を使ってよかったんだ。
 テレビのコメンテイターをさらに薄くしたような価値観に笑えないバラエティをくだらなくしたような笑い。お前テレビ見すぎだろ。テレビのライトがなければ何も見えないのかお前は。しかも何度も繰り返されるどうでもいいところだけしか見えない。あれだけ薄い人間をみたのは初めてだよ。少し黙っていられないのか?その話5回は聞いたよ、そしてその質問には何回も答えたよな。会話作りか本当に記憶できないのか。前者なら黙ってろ。俺は沈黙を気にしないから。礼儀と常識と親密な関係、これを第一にした人間の末路だよ。価値観の違う人間の定義の幅が狭すぎる。お前が言ってることは全部普通のことだし、その外側はほぼ無限だという立場に立っておいたほうがいい。このコメントでなんらかの人物像を浮かべただろうけど多分それは外れている。頭が悪いとか性格が悪いとかって問題じゃない。世界(付き合いという意味ではなく)の狭さからくるずれなのか、根本からずれてる。あの閉鎖性は異常だよ。性格が閉鎖的ということではない。むしろ開放的だしあの価値観に立てば、社会一般の中年より物分りの良くなるはずなのにびっくりするほど考え方の幅も心も狭い。本人は自分に対して逆の認識を持ってるから困る。2度と関わりたくねえ。以前バイトしてた時の、道が分からなかったという理由でパトカーで通勤して、質問に対し答えられず客に逆切れする女や、肉体労働2徹明けの風体でお前絶対5日は風呂入ってないだろ、俺には経験上分かるんだよ、頼むから微動だにしないでくれ!っておっさんのほうが全然好印象だ。
 かなり閉鎖性の高い土地に住んでいるが次はまだマシっぽい人だ。俺の住んでいる地域の閉鎖性は異常だよ。そして田舎じゃすまない形容しがたい価値観に支配されてる。日常会話が社内政治なんじゃないかって感じる。それを当たり前だと思ってるから尚更関わりたくない。親(母親)には、すぐ噂になるから自分のこと話たくないもん。単語の定義から違うもん。もうめんどくせえよ。自分のことを話すと不利になることばかりだったから、前の会社(関東)の時に、お前全然自分のこと話さないなってみんなに言われたもん(まぁ、大学時代友人0の俺が話せることなんて何もなかったんだけど)。6年半ぶりに帰ってきて、1年3ヶ月住んで分かった。引っ越してぇ。言い訳するようだけどこんな土地じゃまともなコミュニケーション能力がつくわけねぇ。
 まぁ次の同僚は普通のことを言って例え理解されなくても(これは仕方ない)嫌悪されるようなことはなさそうなだけマシ。年も近いし。

スポンサーサイト

現実を直視すればするほど現実逃避しかない 

現実を直視すればするほど現実逃避しかない

事故った。ドア2枚逝ったよ。何なんだろ。時々時間が飛ぶ俺だよ。今後も定期的に事故を起こすだろうよ。車のいらない生活を手に入れない限り。

12月14日、「ワイルドアームズ ザ フィフスヴァンガード」発売だよ。 

12月14日、「ワイルドアームズ ザ フィフスヴァンガード」発売だよ。
さっき発作的にWA3の壁紙が欲しくなって検索した。
WA3ってのは2002年発売のPS2用ゲームだ。
正式名称は「Wild Arms Advanced 3rd」
この世界に確かなものがあるとしたら、あの時期にWA3に出会った僕は幸運だったってことくらいだと思う。
で検索していたらWA5が14日発売だとわかった。
これって運命ってやつじゃないのか。
運命が何か幸運が何か、そんなもん知らない。
だからこれでいいや。
1は良作、2は名作、3は傑作、4は凡作、5はどうなんだろう。
3が圧倒的過ぎたからな。完成度とかよりも私との相性が。
それにしてもコンシューマ久しぶりだ。

 さっき書いた「私」の定義はダメだ。相性がいいのは額縁と定義した「私」じゃなく書いてある絵のほうな気がする。もちろん「私」=本質だけでもないし、実感的には[「私」は私の今までの全人生に関わりがある気がするけど、それだと矛盾する。構造的な欠陥でもあるんじゃないのか。
 でも私の「私」に対する認識が変わっただけで、「私」は以前のように「私」と表現されている。てことは私は「私」という言葉から全体に対し誤解が普及していて、私のように「私との相性」を認識しているのは私だけの可能性もある。

どうして黙っていられねーのかな。 

どうして黙っていられねーのかな。
特に俺の母親のことなんだけどね。
ドラフトで誰がどこにどんな理由で行こうと、俺にはコメントするほどの関心なんてない。関心がなければ黙っている、という当たり前のことが出来ない人間が多すぎやしねーか。何かコメントするにしても突き放した言い方こそが真摯なんじゃねーの。皮肉を交えなきゃ突き放した言い方もできないどうしよーもないカボチャが多すぎるんだけどさ。突き放すという行為が一種の自虐を帯びるほど自分と他人の境が曖昧な、純粋に無関心でいられない奴や、何にでも口出しして理解者顔な奴とか殺してーよ。
話題の対象に関心が無くても話題の相手に関心のある、誰かと関係を持つための言語はもちろん除外する。

折角の泣いた朝だというのに嫌なもん見ちまったよ。

今日久しぶりに泣いた。それも大泣き。 

今日久しぶりに泣いた。それも大泣き。
深夜目覚めたら涙が溜まってた。
泣こうと決めたらぼろぼろ落ちてきた。
気持ちや理由を探ったら止まりそうだった。
だから泣くことに専念した。
涙がこぼれてくるだけだった。
それも止まりそうだったので寝た。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。