FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わかってることしか書けないけど、わかってることって退屈だよね 

わかってることしか書けないけど、わかってることって退屈だよね

 「ガンダムSEED」をどう評価しようが個々人の勝手なんだよね。過去の演出を寄せ集めただけで本質的なものなど何もないだとか個人が好き勝手評価すると、意見が纏まらないってだけで。
 学生の人は知らないかもしれないけど、社会では「気がきく」というのは結構プラス評価なんだ。でも私には鬱陶しいだけ。こちらが気がついていないと思ってるんだろうか。わざとやってる、もしくは労力(精神的な労力含め)を使う価値がないから放置してる、ということを考慮にいれないんだろうか。相手に労力を使わせる=自分も消耗する、という図式が分からないんだろうか。「気がきく」がプラス評価なせいで益々世界が鬱陶しくなる。誰へのフォローか知らないが、「気がきく」ことに対してであって「気がきく人」に対しては、まずまず寛容だよ。「気がきく」ことで他人の意思を奪う人には非常に不寛容だよ。
 話が逸れた。「A」という価値についてどう評価しようと勝手なんだけど、「A」について一般的に受け入れられている評価=「B」とすると、世界は「A」=「B」で成り立ってるから(もちろん、その周辺に「B」=「D」等無限に連なる)、そんな世界で「A」=「C」を選択する選択者は自動的に選択を破棄させられる危険性が高い。サザエさんの世界にディオ・ブランドーを入れても弾かれるってこと。ディオの力が圧倒的で世界までも変えるならともかく、サザエさんの世界を保ったままじゃディオは存在できない。ディオが入った時点でサザエさんワールドは変わるべきなんだけど、サザエさんワールドは意外と強固でビクともしないんだな。でも当たり前にディオとサザエさんを共存させてる人も数え切れないくらい存在するんだよね。

 上記の主張が現行社会の様々な主張と共存できないとは全く思わないけど、それでも忘れがちにさせられるんだと思う。私個人の力不足で他の人はひと時も忘れていないのかもしれないけど。でも普通の人が普通に暮らす中で全ての言動の前提に置いておける考えじゃないと思う。上記を「X」とすると「Y=X+Z+…」くらいだと思うんですよ。だからこんな当たり前のことすら時々確認しなきゃいけない。
 「やさしい」という価値について嫌悪しようが勝手なんだよね、積み木が崩れるから「やさしい」は今受け入れられているままの「やさしい」じゃなきゃいけないってだけで。それ以上の理由があっても無視していいんだよ。
 極例を上げると、「やさしい」が憎悪の対象だとしたら様々なメディアの「やさしい」の演出も変わってくる。例えば映画で「やさしい」に包まれた感動的なシーンの音楽、セリフ、構図含め全て変えなきゃいけない。「やさしい」が負の価値観、「幸せ」が正の価値観で。「やさしい」と「幸せ」を同じ演出で表現していたとしたら、何もかも作り直さないといけない。これは映画だけでなく、言語、表情、その他文化の全てに関ってくる。だから幼い頃に「やさしい」に嫌悪を感じても貫くことはできないんだよ。誰もが一から積み木を積む根気なんかないんだから。そうやって誰人も矯正されてきたんだと思う。「やさしい」以外にも全てに当てはまるから、頭でこれやると何が何だか分からなくなるんだけどね。

スポンサーサイト

コメント

サザエさんの世界観はえらい強固です。そのことに気づいてる人ってあんまいない気がする。

大学時代にお盆で帰郷した時に流れてました。あんな問題番組が垂れ流されている現実と過去に自分も見ていた事実に一瞬憎悪した後、もう呆れるしかありませんでした。今もまだ流されていますし、そんなもんなんでしょう。
切れる、無気力、転じて無関心、自己中心的、それらの人間の存在を社会問題だと真剣に思うなら、あの辺りから見直さないとダメだと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://citysonohara.blog71.fc2.com/tb.php/80-f1d6f33b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。