スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文部科学大臣に対して「いじめのため自殺する」という文書が送りつけられたらしい。 

文部科学大臣に対して「いじめのため自殺する」という文書が送りつけられたらしい。

 最近またイジメが問題になってるらしいけど今更だよな。
 俺が中学の頃には限界きてたよ(いじめはいけないって建前を建前だと言い切れていなかっただけマシかもしれないけど)。俺が通っていたのは田舎の中学校で小学校のメンバーそのままエスカレータだから露骨ではなかったけど。それでも小学校の頃のいじめ(軽いものだったとは思うけど)で、私立の中学へ行った人は何人かいたし、中学で不登校になった人もいたし。片田舎でこれだもの、都会は相当なものだったと思う。田舎特有のいじめという意識のなさから大して問題にはならなかったけど。
 中学の頃通ってた近所の塾は隣町からも来てる人間がいたから暴力が発生してた。
D君が俺を守るという形でO君を殴ってた。
実際はD君がO君に一方的に絡んで殴ってたんだけど。
D君はかなり自己主張の強いタイプ、対して俺は、我侭は嫌悪するものだという一般認識に欠けてたので無意識な非難もD君に向けていなかった(と思う。威張りたがる性質に対して呆れを感じ取られたかもしれないが少なくとも非難はしていない)。だから何だかんだで塾で一番親しかった。
一応、俺を守るという大義名文の元D君はO君を殴るわけだ。
そして一方的な暴力をケンカにするために横から煽ってO君を逆上させるキーキーうるさいH君。
多少は止める素振りをする正義感のあるさわやかS君とS君の友人K君。
D君を応援する野次馬の女子達。
彼女達の軽蔑ともどよめきともいえる歓声の中、O君を殴るD君。バカにしながら挑発するH君。
エスカレートしそうになると止めに入るS君。D君の「むかつくな」に対して「じゃあ、もう一回殴れば」と望みどおりの相槌を適当に打つ俺と「やめとけ」と答えるK君。

 時々塾に顔を出すボス役のR君が来ると状況は少し変わるがO君が殴られることに変わりはない。
D君はR君にひどくやられたらしくびびってるんだ。
個々の力関係は、R>D≧S>O>K>H=俺(H君と俺はケンカできないタイプ、H君はお調子ものだからD君に殴られて泣かされていた所を一回見た)
R君が登場すると仲裁に入るわけだ。
R君はびびってるD君を黙らせ、正義の味方として外見の良さと相まって女子にも大人気。
O君に対しては「お前もうじうじしてないでもっと打ち解けろよ」とか諭すわけなんだけど、O君の性質(俺と同じくプライドが高く、自意識過剰で、女の子の目をひどく気にする)、現在の惨めな状況からO君に引っ込みがつくわけない。結局O君はR君に殴られる。
もちろん正義感のある子は何人かいるけどそんなもんは黙殺されるに決まってる。こうしてO君は塾に来なくなった。

 もちろんデフォルメされてるよ。こんな切抜きみたいな中学生はいない。

 作られた被害者、明らかに加害者の俺は、面倒だな、バカバカしいな、O君も災難だなとただ見てた。
 首を絞める言い訳をしておくと元々いじめるとかいじめられるとかに無関心だった。
高校の頃、俺はいじめられている(進学校だったし、一部に無視されたり陰口叩かれる程度でそれ以上にはならなかったけど)と言えなくもない立場だったけど、関らなきゃ面倒のない話だし気も使わなくていいし、たいして思う所はなかった。実際殴られたりしたら違うんだろうけど、テレビで見るような何百万脅し取られたり理不尽にパシリにされて殴られる目にあったらそいつの家を燃やそうと偽りの誓いを立て課題を解決した気になってやりすごした。
 この考えは小学校の頃にいじめるとかいじめられることに関心を持ったり考えたりすることをやめたからだろうけど。実際嫌われても関らなきゃ大した問題はなかったし、関るにしても最初の立場が対等なら距離をとっていればいいし。最初の立場を対等にするためには関らないでいることだし。

スポンサーサイト

コメント

ジャスダックと30代,40代の転職

ジャスダックとは、日本証券業協会が1963年(昭和38年)2月に制定した「店頭登録制度」が前身となる、日本最大のベンチャー市場 http://haplology.sentesag.com/

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://citysonohara.blog71.fc2.com/tb.php/88-9f849e3a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。